2016年06月18日

『Xperia X Performance』レビュー その2

Sonyの「Xperia アンバサダープログラム」でお借りしている「Xperia X Performance」のレビュー第2弾です。

今回もですが、壊すとマズイのでさわり低度なレベルになりますけどね(私物なら、もっといろいろ試せるのでしょうが、中古のZ5でも手が届かない高価さですので…)。

2016-06-09 13.16.05.jpg

まずはiPhone6との比較ですが、持った感じ”Xperia X Performance”の方が若干重く感じますが、正直気にならないぐらいの違いかなと。サイズは”Xperia X Performance”の方がほんの少し大きいですが、液晶画面も少し大きいので妥当な感じかなと。厚みはそれほど変わらない感じです(個人的には、しっかりホールドできるのサイズ感でした)。

プリインストールアプリは、NTTドコモ向けなのでドコモのサービスアプリが大量に入ってますし(ドコモのIDを持っていないので、アカウント関係のエラーが大量に表示されます…)、Google関係のアプリだけでなく、TwitterやAmazonアプリなどが入ってました。このあたりは、パソコンのプリインストールソフトに似ている気がしますな。

機能的には、前回のZ5同様レスポンスが良くてストレスは感じませんし、Z5と比べてもボディが熱くなりにくいように感じました(熱対策に気を配ってるのでしょうね)。

また、バッテリーの持ちが良くなっているみたいで、(レビューの検証時だけ起動させているとはいえ)なかなか減らないのが助かります。

ただ、やはりハイエンド機なのでお値段が高いのがネックかな(それだけの高級感はしっかりあるんですけど)。日本未発売の「Xperia XA」みたいな低価格な端末も格安SIM向けに出してもらえると嬉しいですな。
 
posted by masamiya_labo at 15:32| Comment(0) | レビュー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: