2016年06月18日

『Xperia X Performance』レビュー その2

Sonyの「Xperia アンバサダープログラム」でお借りしている「Xperia X Performance」のレビュー第2弾です。

今回もですが、壊すとマズイのでさわり低度なレベルになりますけどね(私物なら、もっといろいろ試せるのでしょうが、中古のZ5でも手が届かない高価さですので…)。

2016-06-09 13.16.05.jpg

まずはiPhone6との比較ですが、持った感じ”Xperia X Performance”の方が若干重く感じますが、正直気にならないぐらいの違いかなと。サイズは”Xperia X Performance”の方がほんの少し大きいですが、液晶画面も少し大きいので妥当な感じかなと。厚みはそれほど変わらない感じです(個人的には、しっかりホールドできるのサイズ感でした)。

プリインストールアプリは、NTTドコモ向けなのでドコモのサービスアプリが大量に入ってますし(ドコモのIDを持っていないので、アカウント関係のエラーが大量に表示されます…)、Google関係のアプリだけでなく、TwitterやAmazonアプリなどが入ってました。このあたりは、パソコンのプリインストールソフトに似ている気がしますな。

機能的には、前回のZ5同様レスポンスが良くてストレスは感じませんし、Z5と比べてもボディが熱くなりにくいように感じました(熱対策に気を配ってるのでしょうね)。

また、バッテリーの持ちが良くなっているみたいで、(レビューの検証時だけ起動させているとはいえ)なかなか減らないのが助かります。

ただ、やはりハイエンド機なのでお値段が高いのがネックかな(それだけの高級感はしっかりあるんですけど)。日本未発売の「Xperia XA」みたいな低価格な端末も格安SIM向けに出してもらえると嬉しいですな。
 
posted by masamiya_labo at 15:32| Comment(0) | レビュー

2016年06月10日

『Xperia X Performance』レビュー その1

今回は、Sonyの「Xperia アンバサダープログラム」のタッチ&トライイベントで「Xperia X Performance」のモニターとして開発機をお借りしました。イベントから1週間ほど経ちましたので、そろそろって感じでの1回目のレビューです。

お借りした「Xperia X Performance」ですが、イベントで借りた&開発機なのでプチプチに入った状態で、前回の「Xperia Z5」と同じくドコモのSIMカード付きで通信料は企業持ちという大盤振る舞いです(Docomo IDを持ってないため、ドコモ関係アプリのエラーアラートがよく届きますけど…)。

XperiaX1.jpg

最初に、そのままの状態でいじってみましたが、最新機種だけあってレスポンスはかなり良いのですが、前回の「Xperia Z5」も高性能だったからか、普段使いだとどれだけ向上したかはよくわかりにくいです(もっと負荷のかかる処理をさせないと、違いが出ないかも)。サイズ的には持ちやすい感じですし、サンドブラスト加工のライムグリーンなので、優しい手触りで女性向けな感じかなと(タッチ&トライイベントで触ったヘアライン加工は、メタルっぽい硬質な手触りだったのが対照的です)。

ちなみにスペックは、約5.0インチディスプレイに、OSはAndroid 6.0、メモリは3GB、記憶容量は32GBだそうです。CPUは2.2GHz(デュアルコア)+1.6GHz(デュアルコア)クアッドコアとなっています。

Sony製だけあって、ディスプレイはブラビア、カメラはαとサイバーショット、サウンドはウォークマンの技術が組み込まれていてかなり良さそうですし、Qnovo社と共同開発した充電の最適化技術でバッテリーの寿命が2倍ぐらいになったそうなので、長期間同じスマホを使う人向けにも良いかもしれませんね。

借り物なので、今回も無茶いじりできませんけど(レビューの時だけ電源を入れてます)、もう少しレンタル期間がありますので、次回はもう少し内部についてもレビューするつもりです。
 
 
 続きを読む
posted by masamiya_labo at 14:04| Comment(0) | レビュー

2015年11月28日

『Xperia Z5』レビュー その2

Sonyの「Xperia アンバサダープログラム」でお借りしている「Xperia Z5」のレビュー第2弾です。

毎度のごとく、壊すとマズイので無茶しない程度の試用ですけどね。

2015-11-20 14.55.17.jpg

まずはiPhone6との比較ですが、持った感じ”XPERIA Z5”の方が重量感は感じました。サイズはXPERIA Z5”の方が一回り弱大きいですが、厚みはそれほど変わらない感じですな。

開発機とはいえNTTドコモ向けだからでしょうが、NTTドコモのサービスアプリが大量に入っていました(サービス終了のアナウンスが流れたばかりのNOTTVも)。でも、ドコモ製のカレンダーウィジェットやニュースアプリは見やすくて良いかなと思いましたよ(販売されてる機種は、ドコモ以外のアプリはプリインストールされてるんですかね?)。

イベントでも力を入れていたカメラ機能も、すぐに起動しますし画質も良くてさすがサイバーショットと思いましたが、長い間使ってると本体が熱くなるので使いっぱなしは避けた方が良いかもですな。

またまた役に立たないレビューになりましたが、全体的にレスポンスも良いのでストレスは感じませんし、さすがハイエンド機という仕上がりになっていて良いと思いますよ。スマホは国産推しという方は、現時点では”XPERIA Z5”は選択肢に加えるべき機種だと感じました(ドコモだと、CompactやPremiumという別サイズも選べますし)。
posted by masamiya_labo at 18:28| Comment(0) | レビュー